読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに


自分が声を出さないと振り返らない人と、自分が黙ってても振り返る人と、どっちと一緒にいた方が幸せなんだろうって思う。
そういうものって、びっくりするぐらい反比例で、すごく上手いこといかなくて、自分が声に出して振り返ってくれればって思う。逆に自分が黙ってたらそのまま去ってしまえばいいのにって。



私には、何年もずっと会うことを断り続けてる人達がいる。
理由は、いても楽しくなくて、会ったところで自分の中のなんにも満たされない。いい思い出も思い出せない、そんな人たちだから。
でも、私がこんなこと思ってるとも思ってないんだろう、いつも声をかけ続ける。
もしかしたら、うすうす感じて入るのかもしれないけど、それでもずっと声を出し続けてる。
いい加減、やめちゃえばいいのに。
そう思ってはいるけど、私も本音を言えない。居心地がいいからだ。
その人たちにとって私は、どんな形であろうと、どんな大きさであろうと、自分のメンツやプライドや他のよくわからない何かを守るためだとしても、必要な存在なんだろうから。


でも、私が声をかける人間は違う。
自分の世界を生きていて、私はオプションで、でも、たまーーに私が必要で、でも自分から声をかけることはない、みたいな。そんな人たち。
こういう人が好きで、自分と似てたり、合ってるからしょーがないし、何だかんだで好きだから、たまにかけられる声に揺らぎそうになる。
ほんの少しの虚しさが救われる感じがするからだよね。きっと。


でもね、その声に振り返ってよかった、と思うこと少ないのよ。
振り返れば良かったって思う声はあったけど、自分が後悔することわかってるのよ。
だって、面白くないんだもん。
そこに行く時間があるなら、小説の1つでも読みたい。映画1本見たい。大好きなテーマのアメトーークでも見てたい。眠っていたい。どうでもいいけど考えるのが楽しいことを考えたり、ふっと思った疑問を調べて納得したい。
人と人の関わりや声や考えを聞くのは好きだけど、聞きたくない。興味が無い。
こんな私は最低なんだろうな。


人の思いは必ず両思いとは限らないのね。
ううん、両思いだとしても、質も量も測れないからわからないんだ。
そして、測るその匙も人によって違うんだから、過去の事象みたいに、完璧にわかるはずなんてないんだ。
だから、本当に私に会いたいかなんてわからない。
ただテキトーにやってたパズルのピースが揃わないぐらいの気持ちで、私を呼んでいるのかもしれない。
だからこそ、私の好きなようにやるしかない。
自分の気持ちだけが大事だなんて思わないけど、私の大事なものは自分の気持ちが決めるものだな。
私は何が大事かなんて確かな目はもっちゃいないけど、でも、記憶も当時の気持ちもいいものに置き換えることはできない。辛かった。

幸せ者


と思うことが最近多い。


特に大きな苦労もしてなくて、親も祖父母も私のことを大事にしてくれて、浪人させてもらって学校ちゃんと行けて、浪人しても友人には恵まれて。
逆にこれから先の人生大丈夫なのかな、全員に総スカンとされるんじゃないのっていう根拠の無い不安がつく( 笑 )

私はもともとくらーーーい人間。私自身周りが見えないくらい自分の悩みに溺れたり、他人の言葉が怖くて閉じこもったり、周りの空気を気にして自分の意見が言えなかった時があった。だから、周りもそんな私の雰囲気で明るい話よりも、人の悩みとか出口のない話をして、それを沢山聞いてきたりしてきたから、楽しさという言葉からはかけ離れてる人間だと思う。
それが嫌でお笑い番組とか見て研究したり、笑いってすごいなぁ笑わせるってすごいなぁって思ったりする楽しさにも気づけた。
だから暗くても、やっぱり私は幸せ者。
私の知らない学べることや人生を豊かにするきっかけが沢山できた。
それは全部、まわりのおかげ。
私ひとりで出来たことなんて何も無い。
私きっかけで成し遂げたこと何も無い。


今就活でたくさん自分に向き合うことが多いけど、私は人に直接向き合って、深く関われる仕事が一番いいと思う。私にないものを持っているのはやっぱり人で、その人の考えを聞くのが好き。どんなことを思い描いて、どんなことを苦手として、どんなことで悩んでるのか、そんな人の考えを聞くのが大好き。
そうすることで、私の考えの知識だって広がる。その人を少しでも理解しようとする自分と、心を開いて話してくれてる相手の人が、多分一番好き。
たまに疲れちゃうこともあるけど、誰かが楽になるなら、出口が見つかるなら、私は喜んで努力する。

ただバカだし視野が狭いから、力になれることは少ないかなという小心者でもある( 笑 )

ここ最近


22歳になりました!
イェー!という訳でもなく、ヤベェー!の方が勝ってるなぁ。22歳ならまだ若いほうだと思うけど、自分がその22歳になったという現実がねぇ…。最近まで成人式やってたんだけどなぁ。もう今年2個下の妹が成人式だもんなぁ。はっや。

話は戻りまして。

前日のサプライズも誕生日プレゼントもたくさんもらえて、予想以上に沢山の人から何よりのおめでとう!って言ってもらえて本当に嬉しかった。本当に。本当に。
私だけかもしれないけれど、誕生日って嬉しいと怖いって気持ちが混ざってるんで、迎えると意識しないように!って思っても少し緊張するんよね。
やだよねぇ、身構えちゃうの。
忘れられるのが羨ましいなってちょっと思う。


だけども、今年は忘れなくってよかったなぁと思います。
なんせ、こんな人まで覚えててくれたの?!ってお祝いくれて。本当に嬉しかった。
それから、怖さがなくなったような気がする。
お祝いしてくれるのもそうだけど、やっぱり生まれた日はその時に終わってるからね。
別に今祝われなくても、別にいつでも私がいてくれてよかった、って思われればそれでいいかなって。


とにかく、なんか緊張感がなくなりました。おめでとうわたし。

四月になれば彼女は


2ヶ月前から読みたかった本を読んだ。




四月になれば彼女は。
最初、うわーーーめっちゃ綺麗な表紙だなぁああウユニ塩湖だぁああって思って、帯をみて購入を即決。
大体そんな感じで本を買っている(こんな感じだから読みたい本を買うのに増えすぎて読んでない)



なんかとても不思議な感じだった。読んでる間、沢山心に響いたり考えさせられたりする言葉が沢山出てきて、いちいち噛み締めてるのに気づいたらもう半分とか、気づいたらあと2、3ページとか。
あと物語の目次?が、4月~3月の1年間に振り分けられてて、めくるともう1月?え?どゆこと?みたいな。つまりは、考えさせられるのにスラスラ物語の話は入ってきた。夢中になってます!って感じで集中しなくて、時折考えながら、人の話をそれで?って聞いてる感じ。亜美ちゃんは美人とか、蹴りたい背中とかはもうめちゃくちゃ物語に集中してたけどね。それとはまた違う読み物だなぁと思った。


物語の中に色んな恋愛についての価値観や言葉が出てきたけど、基本的にはみんな諦めてる。人を愛しているのかわからない、人が幸せかわからない、人の好きの深さは永遠にわかることがないからこそ、わからないと割り切った上でみんな諦めている。自分よりも大事な人がいた時期があっても永遠には続かない。でもそんな恋愛に憧れていたり、諦めきれなかったりする人もいれば、自分と無縁の世界だと絶つ人もいる。
だから、作中ずっと、恋愛はこうなんだ!恋愛とは!みたいに恋愛の価値観については一筋ってわけじゃなかった。むしろ、迷っているようにみえた。何でだろう?何なんだろう?て探してるようにみえた。

それでその疑問や迷いは今、人生の岐路にたっている私も同じ。だから、余計考えて読んでいた。すんなり信じれる部分とそうだと信じたいな…て思う部分が沢山あった。個人的には、純を見てこう思えるのはいいなぁって思ったし、タスクを見てあぁ私はこっち派だなぁって思ったし、奈々を見て確かになってなった。


タスクが作中で言ってた言葉。
「フジさん、やっぱり僕は自分が一番大事なんですよ。いや、あのパーティにいたみんながきっとそうなんです。それなのに誰かとずっと一緒にいるとか無理がありません?」
そのあとの藤代の言葉。
「まあお前の言う通り、恋愛は非合理的だよ」
「それでも結婚するのは、みんな寂しいからだよ。はしゃいだふりをしてるだけで、ひとりが怖いんだ。」



タスクの言った言葉も、藤代が言った言葉も、どっちも現実だと思う。
自分が大事だから、寂しい思いをしてる自分を寂しくさせないようにする人間もいれば、そんな寂しい思いを消すためだけに無理をするのが嫌で、ひとりでいる人もいる。


今自由な選択ができて、自由な恋愛ができる分、寂しさの気持ちの強さで恋愛が進んでるようにも思う。
人と関わることは、深く関われば関わるほど傷を負うこともある。自分の思い通りにいくことも少ない。それが自分の期待が大きい人、つまり好きな人に当たれば当たるほど、自分が傷つくだけじゃなく、失望も伴うから、疲れてしまう。


じゃあ、傷つかないためにもっと中身を知ろうって思って、自分の気持ちを隠して、友達から入って仲良くしてると、今度は相手が恋愛の候補から外してしまうこともある。情になる。
深く知りすぎているから、この人のことを知りたいとか、新しい面が見えたりする、ドキドキがない。情熱がない。
それは恋愛じゃない、ドキドキや胸キュンのような、恋愛に当てはまる感情がないじゃないか、確かに一緒にいて落ち着きはするけど、ドキドキしない。
そういう感覚が増えてると思う。
良く言ってしまえば、本音が言える兄弟姉妹のような、家族のような関係で、そこから、また新しく関係を作るなんて、リスキーで無理だ。



全部に共通することは、何だかんだで自分が大事だということ。
もっと飛び込もうとしたら、思わぬ面が見えてくるかもしれないのに、実は自分が気づかないところで、知らない自分が出てることもあるかもしれないのに。自分の保身への想像力は無限大なのに、そのプラスの可能性は浮かびすらしない。何でなんだろうね。
でも、開き直るようだけど、もともとそういう生き物なんだと思う。
現代の恋愛は、というけれど、元々人類みんなあった気持ちが、自由になったことで、暗黙の了解だったのが明瞭になって出てきただけだと思う。
こういう気持ちも考えも、私がそんなことないよ、ちゃんと大事にできるよ、と言われて、本当に相手のことしか考えられない人が出てきた時、傷つかないためにあるのかもしれない。
どこをツッコんでも、結局自分が大事と繋がってしまうね。


多分それが今の恋愛の姿で、それが原因で恋愛ができてない。
そういう多くの人達の姿を、色んな登場人物からの言葉で共感をもぎ取っていた。
他にも書きたいことがあるけれど、少し休憩。

ひとつ


後悔が消えた。
と思う。

思ってること、100分の1も伝えられなかったけど( 笑 )
でもずっと気を使って、沢山話しかけてくれた。
なんか別の意味で謎だなぁって思うことも沢山あったけど、初めてちゃんと話をできた気がする。
相変わらず、目線そらしたり、否定しちゃうことも多かったけど、でも、ありがとうっていうことも出来た。申し訳なくてって言う事も出来た。



私にとって、恐怖がありながらもちゃんとこの人は優しい人だとわかることが出来た人。
ずっとずっと、感謝したくて、好きな人とは違う特別な人。恩人。
一昨日も散々、優しいよって言われたけど、わかってるよ、知ってるよって言いたかった。
恋愛の話とか自分から話してくれたりして、少し人柄がわかった気がした。
酔っ払っててすごかったけど。




いつも誰かに触られたりするとビクつくのに、全然怖くなかった。ゾワゾワして気持ち悪い!って思う感じも何も無かった。
それは私自身が免疫がなくなってきてるからだなとは思ったけど、それでも少しは怖いと思ってる相手に触られたら、怖いって思ってしまう。それすらもなかった。
何でだろう。安心してたのかな。って思うけど、何を考えてるかはわからないにしろ、優しい人だと自分がわかってたから余計安心したのかもしれない。



私、すごくチョロくてウブいから、何も思わないといえば勿論嘘で、解散したあと、ウワッッてなって恥ずかしくなった。酔っ払ってたというものもあるし、周りもその場のノリで付き合ってくれてたこと、相手も盛り上げたり距離を縮めたいからそうしてたこと、全部わかってるはずなんだけど、どうしても気にしてしまう。
だからといって、恋愛として好きな訳では無い。もちろん私も。本当にペットを可愛がってるのと同等だと思う。
私も、彼女がいたことや私の知り合いのことを狙っていたことをわかっていても、何も思わず野次馬精神でいれた。いれたというか、本当に苦しさとか何も思わなかった。




つまり、中途半端だなと思う。
自分の中でこの人に対してどういう「好き」なのかがカテゴリされてないから、ごちゃごちゃ。
幸せになってほしい。その人のことを知りたい。その思いは変わらない。
でも、私がその人の隣にいることは想像出来なくて、想像もなくて、もっともっと素敵な人を見つけて、自分がいたい、居心地いい自分でいれて、幸せならそれでいい。だから、誰かこの人の前に現れてくれ。優しくて、いい人だから。一途で、大切にしてくれるから、だからどうか。って感情に近い。


一体なんなんだ?( 笑 )

逃げるは恥だが役に立つ


見終わった。そして終わってしまった。

今までミーハーみたいな気持ちで見てたのに、今回はすごくイライラしたり泣いたりして、思うことがたくさんあった。


みくりが風呂場で泣きながら言った台詞。
うまくいかない時待っていてくれる人、信じてくれる人、見失っちゃいけない。って言葉。
ズシン、ときた。それまでみくりが不貞腐れててめちゃめちゃイライラしてたんだけど一気に消えた。
そしてまた途端に昨日の記事に書いた人たちのことを思い出してた。
こんな感情移入や投影なんてしたくなかったけど、いいことを教えて貰ったと思う。


私は昨日もまだまだ甘えていた。
自分の中でずっとずっと罪悪感はあるのに、それを誰かと話してる時にだけ出して、誰かに聞いてもらって謝るでもなく、なにか行動起こすわけでもなく、ずっと懺悔や謝罪だけを間接的な人にだけしていた。
キリスト教の人はキリストに懺悔をして、自分の過ちや許しを乞うけれど、私が許しや過ちを乞いたいのは、それを与えてくれた人たち。自分が傷つけてしまった人たち。私がいなくなった時、私のことをずっと影で心配して、応援してくれてた人たち。
平匡さんが自分からドアをノックしたように、私だってやらなきゃいけないんじゃないんだろうか。それが何年経った今でも。今でも忘れられてないなら尚更。都合良くても、自分の中でそれが蟠っているなら。やったもの勝ちなのだと思う。散々ノックしてくれたのに耳を塞いで聞こえないフリしてたんだから、今度は自分から。


もう今までさんざん逃げてきたからな( 笑 )

いつも


申し訳なさと自責の念。自分の保身にばかり気持ちがいって、自分のことしか考えてなくて、人が自分のことを気にかけてくれていたことに気づかなかった。

そういう経験が私には2度ある。


1度目は高校時代。
2度目は大学1年の頃。

どっちも、4、5年経った今でも忘れられないくらい、気持ちが薄れないくらい、心の中にずっとある。




他人が自分以外のことをずっと考えてくれてるのは奇跡に近いものだと思う。誰もが自分が明日生き延びることに精一杯で、将来への不安とか自分のストレスを発散させることに精一杯で、でもそんな中、自分と違う誰かの頭に自分のことが頭にある。意識の中にある。そんなの当たり前のことでもない。怒りや悲しみからくるものでもなければ余計当たり前ではない。
そのことに、甘えていた。気づかなかった。自分の中からくるものや目で見えるものだけを信じていた。


でも違う。歪んでいた。


武藤と会うといつも思う。楽しい気持ちと同じぐらいに押し寄せる。どうしてるのかな、とか元気かな、なんて心配する身分じゃないことも、なんであんな事したんだろうと後悔の思いも。
それでも、話を聞いて心配してるよ、とか近況聞いてくるよ、とかそんな言葉が出る度に、感謝しかない。私は何も無いし、何もしていない。それどころか私は好意を無下にしたのと同じなのに、それでも何年経った今でも、私のいないところで私の名前が出ること。
疑問もあるけど、泣くほど嬉しい。いつも武藤と別れたあと、泣きそうになりながら電車に乗る。


私は今まで特別不幸なことは起きなかった人生だった。なんなら、逆で人よりもごく普通という、幸せな人生を歩んでいると思う。羨ましがられる方の人間だと思う。だから自分を不幸だなんて思ったことない。
でも自分を情けないとは何度も思った。何度も何度も何度も、色んなことで思った。
その上、人を傷つけてしまっているかもしれない。悪口を言われることと、暴力を振るわれることと、同じぐらい残酷な否定。


すべては自分の身ばかりを、案じていたせい。


でも、もうこれからは捨てたくない。
可能ならちゃんとお礼を言いたい。